2010年06月

山上ケ岳

雨が降るかどうか、微妙な予報だったが山を歩きたかったので、大峰山系の山上ケ岳に行った。洞川温泉のちょっと先に車を停めて歩き出したが、予想に反して天気は快晴。女人禁制の門をくぐり、きれいな杉の植林の中を歩いていった。しばらくいくと自然林になり、気温も下がってきて気持ちいい山歩きができた。修業の山らしく般若心経をとなえている集団なんかもいた。がけのへりから上半身を乗り出す修業の場もあり、ちょっとやってみたがあまり乗り出すと本当に落ちそうだった。帰りは稲村ケ岳と大日山にも登り、それほど疲れずに下山した。すこしづつ楽に歩けるようになってきたような気がする。

ダイヤモンドトレール

岩湧山山頂

岩湧山山頂雨が降っていなかったのでトレーニングとしてダイヤモンドトレールに。かなり気温、湿度ともに高かったがひさしぶりにまじめに歩いてみることにする。
3時前に紀見峠に車を停め、スタート。湿度が高いので汗だくになるが、稜線にでると風が出てきて涼しい。地面も思ったほど濡れていなくて快適だ。1時間50分で岩湧山に。かすみが出ていて遠くは見えなかったが、それでも開放感が素晴らしい山頂だ。歩きと走りを交えて下山。日ごろのトレーニング不足のせいか、かなり疲れていて登りはかなりきつかった。1時間40分で紀見峠についた。コースタイムのおよそ50%ぐらいだった。

西穂高岳

西穂高岳頂上より、奥穂高方面
またまたロープウェーを使って西穂高岳に。西穂山荘まではかなり雪があることがわかっていたが、登山靴を使うほどでもないと思い、トレランシューズに軽アイゼンを使った。
ちょっと雲がかかっていて展望はそれほどでもなかったが、まずまず気持ちよかった。西穂高岳よりちょっと先まで偵察しようかとも思ったが、頂上のすぐ先で両端が切り立ったスノーリッジが現れた。馬乗りになって行けばいけそうだったが、左右どっちに落ちても確実に死にそうだったのでやめておいた。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ