2010年05月

木曽駒ケ岳



木曽駒山頂付近から空木岳方面
伊那前岳付近から宝剣岳
伊那前岳付近から宝剣岳


また雪山に行きたくなり、手ごろな木曽駒ケ岳に行くことにする。明け方から車を走らせ、駒ケ根インターで降りて駐車場に。バス、ロープウェーと乗り継ぎ千畳敷に着いた。まだ雪が多く、スキーヤーがたくさんいる。しばらくはつぼ足で登るが傾斜が急になってきたので途中でアイゼンを付ける。しっかりステップがあるのでかなり楽に稜線に出た。山頂は風もなく、暖かくて気持ち良かった。雪の状態が悪くなさそうだったので宝剣岳も登り、伊那前岳も登ってから下った。ちょっと簡単すぎで物足りなさが残った。

残雪の木曽御嶽山

御嶽山頂上付近2

御嶽山頂上付近2

御嶽山の頂上付近きばらしに雪山に行きたくなり、木曽の御嶽山に登ってきた。
ほんとうは白山に行きたかったのだが、北陸地方は天気が悪そうだったので、一番天気が良さそうな御嶽山にした。深夜割引が使えるよう、午前4時に高速に乗ったが、名神はあっちこっちで道路の舗装工事をやっていてけっこう時間がかかった。
登山口の田の原には9時すぎに到着。天気予報ではこの時期にしてはかなりの寒いと言っていたとおり、登山口の気温が3度。雪も(期待通り)多く、最初から雪の上を歩く状態だった。
 8合目の上までは傾斜も緩いのでアイゼンなしで行き、9号目ぐらいからアイゼン装着。雪は柔らかめなので滑落の危険は少ないが、この辺りから北よりの風が相当強くなり、バランスを崩しそうになるのでピッケルを刺して耐風姿勢を取らなければ行けないときもあった。最高峰の剣が峰の手前にある、王滝頂上の直下が一番傾斜があり、風も強かったので慎重に登った。王滝頂上の鳥居や神社の建物はほとんど雪に埋まっていて、今年の積雪の多さが分かった。神社の建物の影でしばらく風をやりすごしてから剣が峰に向かう。傾斜は緩いのだが運動不足のせいか、あまりペースが上がらずのろのろと進む。この辺は雪が溶けて岩や土が出ていてアイゼンでは歩きにくい。かなりゼーハーいいながら頂上に着いた。気温が低いせいか、えびのしっぽとかができていて冬山のような景色だ。頂上北側の噴火口のような地帯は新雪が降ったのか、完全に白一色の世界。時間もあるのでまったく足跡のない雪原歩きを楽しんだ。
 もう一回剣が峰に戻ってから下山。途中でスキーヤーと話したり、尻の下にビニールを敷いてシリセードをしたりしながら下った。登山口には16時ごろに到着。

記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ